【フルウィッグの付け方】

フルウィッグとは、頭全体をすっぽり被るフルサイズのウィッグになります。ウィッグと言えばまず思い浮かぶ、大変歴史の長いウィッグになります。

エボニーウィッグのフルウィッグは安定した装着感と抜群の通気性で、世界中で親しまれています。

フルウィッグの着け方、使い方〜フルウィッグを楽しもう!

 

♪準備するもの♪

へアゴム2個

ウィッグネット/ウィッグキャップ

・必要であれば、ヘアピン

 

♪ウィッグネット/ウィッグキャップについて♪

ネット状で頭頂部に穴が開いているものと、ストッキング状で水泳帽のような形をしたものがございますが、基本的にはお好みでお選びいただいて結構です。

ネット状は通気性が良く、より多くの髪をしまうことができ、ストッキングタイプは後れ毛が綺麗にしまえ、フィット感があることでボリュームも少しダウンしてくれます。

個人的には、地毛がとても長い方にはネットタイプが、短い方で後れ毛が多い方にはストッキングタイプがオススメです。

フルウィッグの着け方、使い方〜ウィッグネット、ウィッグキャップについて

  

☆ウィッグネット/ウィッグキャップはコチラにございます☆

 

♪フルウィッグの構造♪

内側にはサイズ調整のためのアジャスターがついています。アジャスターはブラジャーのストラップのホックのような形状ですが、このアジャスターを無くし、全体がストレッチキャップ構造になっているものもございます(商品数としては少ないです)。

着用前に、ご自分の頭のサイズに合わせてアジャスターを調整します。まずは、一番緩いホックからお試しください。

地毛が特に長い方は多い方は、いっそアジャスターを外していただいても結構です。反対に頭が非常に小さいお子様などは、ホックを小さめ〜最小にしてご着用ください。

フルウィッグの着け方、使い方〜ウィッグの構造について

 

♪使い方♪

1.ここでは、地毛がセミロングくらいの長さで、前髪が長い方のやり方で、ご説明します。上半分の髪を適量取り、後ろでハーフアップ状にゴムでまとめます。

2.残りの下半分の髪も、下のほうでゴムでまとめます(上下のバランスは、3:2くらいです。こうすることで、ウィッグを被ったあと後頭部が綺麗にカーブして見えてくれます)。

2.まとめたところから、上下それぞれ1個目のゴムをそのまま使って、くるっとお団子のようにまとめます(長さが足りない方は、結んだ状態のままでも大丈夫です)。

4.ウィッグキャップを被ります。

※店長の地毛も、ちょうど肩くらいの長さになります。

フルウィッグの着け方、使い方〜地毛のまとめ方

 

5.フルウィッグを着用します。こちらでは、ショートウィッグを被ります。まずは、前髪側から被っていきます。

6.少し引っ張りながら、襟足側を被ります(写真の店長は片手でカメラを持っているため、写っていませんが、片手は前髪側を抑えながら被ると、被りやすくズレにくいです)。

7.サイドなど、毛流れを整えます。

8.完成です!

フルウィッグの着け方、使い方〜ウィッグを被ります

 


〜フルウィッグをもっと綺麗に着けるコツ、その1〜

ズレが心配な方は、仕上げにこめかみに1本づつピンを挿してみてください。フルウィッグはこめかみから少しづつズレていきますので、ここが固定されていることで、終日快適に過ごせますよ☆

写真の店長はアメピンを使っていますが、ボブピンと呼ばれる少し平たく、より強力に留まるピンがオススメです。

ボブピンは、mapepeというブランドが有名です。マツモトキヨシなどで、216円程度で手に入りますよ☆

フルウィッグの着け方、使い方〜ズレにくい被り方