【ポニーテールウィッグの付け方】

ポニーテールウィッグとは、地毛をお団子にまとめ、そこに被せて紐を引っ張って装着するポイントウィッグになります。夏は特に人気のあるウィッグ!

エボニーウィッグのポニーテールウィッグは、安定した装着感で世界中で親しまれています。

ポニーテールウィッグの使い方~簡単ガイド

 

♪準備するもの♪

出来るだけ目の細かいヘアブラシダイソーの豚毛ブラシを用意してみました)

ワックスやジェルなどの整髪剤頭皮への負担を考慮して、シャンプーで綺麗に落とせる水溶性のものがオススメです。店長は、マツキヨのスタイリングジェルを愛用しています

へアゴム2個

ポニーテールウィッグの着け方、使い方~用意するもの

  

♪ポニーテールウィッグの構造♪

内側には、上下にコームと、引っ張る紐がついています。

紐の位置は、商品によって異なりますが、だいたい下側に付いています(こちらの商品は例外で横向きに付いています)。

ポニーテールウィッグの着け方、使い方~内側の構造

 

♪使い方♪

1.ジェルを適量手の平にとり、髪に塗ります。お好みの高さで、ブラシを使いながらピッチリとしたポニーテールを作ってください。

※店長の地毛は、肩くらいの長さになります。

ポニーテールウィッグの着け方、使い方~地毛をまとめる

 

2.次に、お団子を作ります。Uピンなどを使わないで、2個目のゴムを使って、あえて簡単なお団子に仕上げてください。

出来るだけ大きくならないよう、固くしっかりとしたお団子にするのがポイントです。

ポニーテールウィッグの着け方、使い方~ポニーテールからお団子を作る

 

3.ポニーテールウィッグを付けます。まずは上側のコームを、次に下側のコームをお団子の根元に差し込みます。

付属の紐を引き締め上げたら装着完了です(紐は、プラプラするようでしたらウィッグの内側に押し込んで隠してあげてください)。

ポニーテールウィッグの着け方、使い方~ポニーテールウィッグを着ける

 

4.仕上げに、適量のジェルを手のひらにとり、塗りながら地毛部分にブラシ、もしくはコームをかけるとピョンピョン飛び出ている短い毛を押さえることができます。

それでも短い毛が出てしまう場合は、ピンを使ったり、カチューシャなどでアレンジをしても可愛いですよ♪

ポニーテールウィッグの着け方、使い方~仕上げ

 


~ポニーテールウィッグをもっと綺麗に着けるコツ、その1~

産毛部分に少量のジェルを縫って、小さめのブラシを使いながら、カーブを描くように毛流れを整えてみてください。垢抜けた印象になりますよ!

おでこが広い人は、少し狭く見せることもできます。

使うブラシは、現地では歯ブラシがよく使われますが、店長はマスカラを梳くスクリューブラシを愛用しています。

ポニーテールウィッグの着け方、使い方~Baby Hair Edgeをマスター

 

元々は、黒人女性たちのプライドが現れる部分のひとつでした。産毛も手を抜かないことがカッコイイとされ、現地では様々なジェルが販売されています(ただし油分が多く、日本人のコシのある髪ではキープできないものが多いので、ここでもマツキヨのジェルが大活躍してくれます)。

今では人種を超え、アートのような産毛スタイリングを楽しむ人も多くいます。ナチュラルなところでは、リアーナの産毛がとても参考になりますよ!